星川@屋久島より
(BCCでお送りします。転送OKです。)

 下記、TUP(平和のための翻訳者連合)速報用に書きとめたものですが、と
くにメディア関係者には参考にしていただきたいと思います。

【私の意見】「ファルージャで惨殺されたのは、ただの“民間人”ではない!」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 3月31日にイラクのファルージャでアメリカ人4人が殺され、その焼死体を
住民が引きずまわしたり、鉄橋から逆さ吊りにしたりした悲痛な事件について、
日本のマスコミは米国の「民間人」「ビジネスマン」「復興請負業者」などとボ
カした伝え方をしているようです。けれども、新聞・テレビを含め海外ニュース
では、4人が占領軍暫定当局のブレマー行政官の身辺警護にも当たるブラックウォー
ター社という特殊警備会社の社員であることをはっきり報じています。4人を単
なる「民間人」や「ビジネスマン」ととらえたのでは、問題の本質を見逃してし
まいます。被害者の冥福を祈るとともに、自衛隊派遣にも影響する事態をより正
確に理解するために、いまわかる範囲で情報提供します。

                  2004年4月4日 星川 淳/TUP
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


■ブラックウォーター社■

 「ブラックウォーター・セキュリティ・コンサルティング」という名称で、米
国ノースカロライナ州に本部を置く広義の警備保障会社「ブラックウォーターU
SA」の傘下5社の一つ。要人や重要施設の警護のほか、米軍や警察の特殊部隊、
外国民兵組織などに武器と訓練を提供する。年収10〜20万ドル(1000〜
2000万円)の高給により、現役・退役を問わず軍から引き抜かれた幹部・教
官・社員が主力で、実態は民間軍事企業。米軍やFBIと連携した特殊任務も多
く、イラクではブレマー行政官の警護も担当する。

[参考]
http://www.blackwatersecurity.com/
http://www.cnn.com/2004/US/South/03/31/civilian.deaths.ap/


■ファルージャ襲撃■
 公式発表では、襲撃されたときの任務は食料運搬の警護とされるが、車両に大
量の武器が積まれていたとの報道もあって、真相は不明。現場で発見されたチラ
シには、イスラム過激派の名で、イスラエルによるパレスチナのハマス指導者ヤ
シン師暗殺に対する報復と書かれていたようだ。アメリカ側は海兵隊4000人
を投入した強硬な平定作戦を検討中。イラク国民の占領への憎悪は、各地でいっ
きに高まる可能性がある。

[参考]
http://www.juancole.com/


■民間軍事企業――21世紀の傭兵?■

 この事件の背景には、米英が進める“軍事アウトソーシング”ないし“戦争民
営化”とも呼ぶべき方針がある。正規軍に同行して兵站・給食・技術サービスな
どを提供する民間企業社員は、湾岸戦争時の兵士100人に1人から、今回のイ
ラク戦争では兵士10人に1人まで激増したといわれる。戦闘終了後の占領にと
もなう警護サービスも、この現代の傭兵ビジネスの一端で、米英のほか南アやチ
リからも相当数の私兵が参入している。

 最大の問題は、正規軍と違って国際条約やROE(交戦規則)に縛られないた
め、誤った行動などによる被害の責任を問われず、また死傷者が出ても“企業秘
密”の名目で正式な犠牲者にカウントされないこと。自国兵士の被害が最大のダ
メージとなる政府としては、国民に犠牲の少ない戦争と見せかけることができる。
もしこうした軍事企業関係者の被害を加えれば、イラクの米側死者数は現時点で
600人をはるかに上回っているだろう。

 さらに、ブラックウォーター社員の高給が示すとおり、表向きの戦費支出が節
約できるように見えて、じつは国庫や国際的な復興援助供出金から民間企業に莫
大な資金が流れ、むしろ費用対効果が低下しかねない(燃料や給食で不正請求し
たハリバートンが好例)。軍からこれら民間軍事企業への人材流出も問題化しつ
つある。

[参考]
http://www.zmag.org/content/showarticle.cfm?SectionID=15&ItemID=5256
http://www.workingforchange.com/article.cfm?itemid=16701
http://www.findarticles.com/cf_0/m1181/1998_Fall/56021075/p1/article.jhtml?term=David+Shearer