10.17 WORLD PEACE NOW 衆院議面集会&官邸前行動
----

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
転送・転載歓迎】
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_

★10月17日緊急行動への参加のお願い★
10.17 WORLD PEACE NOW 衆院議面集会&官邸前行動

米国の戦争に加担するための「新テロ特措法」反対!
武力で平和はつくれない!
アフガンに平和を! イラクに平和を!
自衛隊をすぐもどせ!
高田健@許すな!憲法改悪・市民連絡会です。
WPNから緊急の行動提起です。閣議決定の動きに反撃したいと思います。ぜひ広めてください。転送・転載をお願いします。重複送信、お許しください。
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_

◎日時:10月17日(水)17:30〜(約1時間)
◎場所:衆議院議員面会所(地下鉄国会議事堂前駅下車すぐ)および首相官邸前

政府・与党は、11月1日に期限が切れる「テロ特措法」に代わり、インド洋での海上自衛隊による給油活動を継続するための「新テロ特措法」(派兵・給油新法)を準備しており、報道によると今月17日にも閣議決定が行われようとしています。
「テロ特措法」に基づく海上自衛隊による米艦船等への給油活動は、イラク開戦直前の時期に集中し、イラク攻撃に参加した空母や駆逐艦への給油が行われたことがすでに明らかになっています。
政府・与党は、米政府や国連を動かすことで、イラク攻撃への転用という事実を打ち消すことに躍起となっていますが、米ブッシュ政権による「テロとの戦い」に「給油」を通して協力することで、数十万人とも言われるアフガン市民やイラク市民虐殺に加担したという事実を打ち消すことはできません。
「新テロ特措法」が、たとえ給油が海上阻止行動を対象に「限定」するという口実を設けたとしても、米国の戦争に加担することに変わりはなく、今回暴露されたように「転用」しないという保障もないのです。
わたしたちは、これ以上の戦争協力・加担に反対します。そして、自衛隊の海外派兵を既成事実化することで「米国の戦争」に加担するために政府・与党が成立させようとしている「新テロ特措法」(派兵・給油新法)に反対します。

WORLD PEACE NOWは、平和を願うみなさんが17日の抗議行動に積極的に参加されることを呼びかけます。

◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇
WORLD PEACE NOW  http://www.worldpeacenow.jp/
●電話連絡先:許すな!憲法改悪・市民連絡会03(3221)4668/アジア太平洋平和フォーラム(APPF)03(3252)7651/日本消費者連盟03(5155)4765/ピースボート03(3363)8047/平和をつくり出す宗教者ネット03(3461)9363
●住所連絡先:東京都千代田区三崎町2-21-6-301市民連絡会気付 FAX03(3221)2558 メール:worldpeace@give-peace-a-chance.jp