<転送歓迎>
********************************************************
アムネスティ・インターナショナル日本呼びかけ

僧侶・市民への暴力を止めろ!
ビルマ(ミャンマー) 10.2 緊急院内集会
********************************************************

◇日時 10月2日(火) 12:30〜13:30
◇場所 参議院議員会館第一会議室
最寄り駅:東京メトロ有楽町線・南北線永田町駅、
千代田線・丸の内線国会議事堂前駅
◇地図  http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm

◇発言(予定)
超党派国会議員、アムネスティ、市民団体、その他集会参加者から

去る8月以来、ビルマ(ミャンマー)において石油価格の高騰をきっかけに始まっ
た抗議行動は、僧侶らも参加し、民主主義を求める反軍政デモとなって各地に
拡大しました。

こうした状況のなかで、9月26日の午後、10万人以上になったデモに対して、軍
事政権は催涙弾の発射や警棒での殴打、無差別逮捕などの弾圧を加え、少な
くとも数人が死亡しました。そして27日にも、銃の発砲などデモへの弾圧を強
め、その中で日本人ジャーナリストが死亡する事態となりました。

現在、僧侶、国民民主連盟(NLD)議員、そして一般市民ら数百人が逮捕された
と伝えられていますが、逮捕者に対する拷問や虐待の危険もきわめて高いと懸
念されています。

市民らによる平和的な抗議行動に対する弾圧は許されず、国際社会は直ちに
行動を起こさなくてはなりません。とりわけ、中国やASEAN諸国、そして日本な
ど、ビルマに対する政治的影響力を持つ各国の断固とした対応が求められてい
ます。

私たちは、軍政の対応を非難し、抗議行動を続ける市民を守るために、また長
年に及ぶビルマの人権問題を解決するために日本政府と国際社会が直ちに行
動をとることを呼びかけます。

国会議員、そして市民の皆様、
急な呼びかけではありますが、ぜひご参加ください。

【主催・お問い合わせ】
社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-2 共同(新錦町)ビル4F
TEL. 03-3518-6777 FAX. 03-3518-6778
担当:川上