自衛隊のイラクからの撤退を求める市民と国会議員の緊急院内集会 11/15

イラク全土に非常事態宣言が出され、米軍によるファルージャ総攻撃が開始されました。サマーワに駐留する自衛隊への攻撃も起こる中、すでにイラクに「非戦闘地帯」はありません。
12月14日に迫った派遣期限を延長することなく自衛隊を撤退させるため、院内集会を開きます。すでに民主党、共産党、社民党、無所属の議員の出席が決まっており、自民党、公明党の議員にも参加を呼びかけています。国会議員らとともに、国会を動かしていきましょう。

日時 : 2004年11月15日(月) 12 : 30 〜 13 : 30
場所 : 衆議院議員会館 第一議員会館 第一会議室

呼びかけ団体:戦争反対・有事をつくるな!市民緊急行動/平和をつくり出す宗教者ネット/平和を実現するキリスト者ネット
協力:WORLD PEACE NOW実行委員会
問い合わせ先TEL:03-3221-4668(市民連絡会)

ご報告

本日(15日)12:30〜衆議院第一議員会館で「自衛隊のイラクからの撤退を求める市民と国会議員の緊急院内集会」が「戦争反対・有事をつくるな!市民緊急行動」「平和を実現するキリスト者ネット」「平和をつくり出す宗教者ネット」の3団体の呼びかけで開かれ、300名を超す市民と国会議員、同代理が出席しました。集会はイラク特措法廃止法案の成立を目指し、12月14日のイラク特措法にもとずく派兵基本計画の期限切れに際して、自衛隊の撤退を求める方向で意思一致しました。民主党の樽床団体交流委員長、共産党の志位委員長、社民党の福島党首が各党を代表して挨拶、無所属の糸数参院議員、近藤正道参院議員、土井社民党衆院議員、佐々木共産党衆院議員も挨拶しました。市民側は、キリスト者平和ネットの糸井さんが開会挨拶、宗教者ネットの石川上人が閉会挨拶、発原は宋・韓統連事務総長、鈴木NCC議長、西川安保破棄中央実行委員会事務局長、久保田憲法を愛する女性ネット代表、内田日弁連有事法制問題対策委員会、上原一坪反戦地主会関東ブロック代表、森田ゆりエンパワーメントセンター代表などが発言しました。


ファルージャ総攻撃の中止を要求する緊急行動 11/2


10日pm6:00から、27団体が呼びかけてファルージャ総攻撃の中止を要求する緊急行動を行いました。
呼びかけ団体以外にも多くのみなさんが駆けつけ、350人もの方々が集まりました。キャンドルやプラカード、横断幕を掲げて抗議行動をしました。イラクの人びとへの援助活動をしているNGOの仲間や、女性団体、中学生、宗教者、さまざまな人びとが怒りと悲しみを込めて発言しました。私たちはあらかじめ大使館近くのJTビル前に集合しましたが、赤坂警察は米国大使館への通路(公道)を封鎖して、私たちを通しませんでした。やむをえず代表5人が大使館に抗議・要請文(ファルージャへの軍事作戦を直ちに停止してください。
これ以上の人殺しはやめてください。)
を届けました。代表団が帰ってきて報告を受けた後、シュプレヒコールで声を上げました。
みなさん、ご協力、ありがとうございました。
次は、11月15日(月)12:30〜(衆議院第一議員会館第一会議室)の市民と国会議員の緊急院内集会においでください。国会にむけて行動したいと思います。

ご報告
300人がファルージャ攻撃抗議集会<TBS>ほか写真・抗議文など
 報告

 


人質事件緊急声明  不幸な事態を招いた小泉内閣の責任を問い、自衛隊の即時撤退を要求します。
                WORLD PEACE NOW実行委員会

日本政府によれば、本日、イラクで発見された遺体は香田証生さんであるとのことです。私たちは目下、これ以上に事態を確認するすべはありません。WORLD PEACE NOWは以下、緊急に声明します。

もし香田さんが殺害されたことが事実であれば、これは、いかなる人びとのいかなる理由によるものであれ重大な犯罪行為です。私たちは心からの悲しみと怒りを込めて、この人道にもとる行為に抗議します。
同時に、今回の不幸な事態を招いた最大の原因は小泉首相と日本政府による米英のイラク攻撃支持、そして自衛隊のイラク派兵にあることを強調しなければなりません。すでに明らかなように米軍などのイラク攻撃と軍事占領には正当性のかけらもなく、それに無批判に追従した小泉内閣の責任は重大です。

イラクでは昨年3月の米英軍の攻撃以来、10万人を超える人びとが殺され、今日、戦闘はいっそう激化しています。今回はイラクに入った若者が遭遇した事件でしたが、香田さんが殺害されてしまったのは、アメリカと同盟を組み、自国の武装集団を派遣している日本の市民であるがゆえです。であるならば世界中のどこでも、いつでも、いまや私たち日本市民すべてが危険にさらされているのです。重ねて言いますが、小泉内閣の政治責任は極めて重大です。

WPNは事件発生以来、首相官邸前での連日の抗議要請行動などを通じて、香田君の救出と自衛隊の撤退を主張し、彼の生命を救うため、できる限りの努力をしました。残念ながら、この願いは届きませんでした。こうした事態を絶対に繰り返してはなりません。
私たちはいまこそ「殺すな、殺されるな」「イラクに平和を」の声を大きく拡げなくてはなりません。

小泉首相は12月14日で期限切れとなる自衛隊のイラク派遣期間をさらに延長すると言明しました。信じがたいような発言です。私たちはいまこそ小泉内閣が自ら制定した「イラク復興支援特別措置法」にもとづき、自衛隊をイラクから撤退させるよう強く要求します。12月14日夕刻、WPNは東京・日比谷野外音楽堂でこのための集会を開催し、自衛隊撤退の世論のいっそうの結集をはかる予定です。
私たちはこの悲しみと怒りを運動の継続の力に変え、あきらめずに行動をつづけます。

                      2004年10月31日 東京にて