イラク邦人人質事件アクション

27日、28日に続き29日も18:00〜衆議院議面集合しました。


28日の「香田君を救え!首相官邸前抗議要請行動」300人を超す人びとの参加で行われました。拘束者たちは48時間といっていますから、29日午前2時頃が期限になります。事態は猶予ならないものがあります。みな、考えられる手段を駆使して努力しています。インターネットでイラクの人びとと連絡を取っているグループ、27日のWPNの行動の映像を持ってア ルジャジーラにスタッフを派遣した人びと、政府に抗議のメールやFAXをだしている人びと、集会後、渋谷などの駅頭で宣伝をしている人びと、議員会館前で座り込んでいる人びと、懸命の努力です。この声が届くように願っています。 明日、どうなるかわかりません。集会後、10人ほどのWPN関係者が集まって相談し、29日の夜は28日同様の行動を提起することにしました(この形態での行動は29日までで打ち切り)。 18:00〜衆議院議面集合(議員がいないので議面集会はできません)、その後、官邸前へ移動です。

**********

「朝日新聞」(本29日朝刊記事:湘南版、第2社会面 P.38)

「自衛隊撤退を」
市民団体が要求

(香田さんの地元での「緊急集会」約200人の記事に続いて):

 東京でも市民団体のメンバー約300人が28日夜、国会前に集まり、自衛隊の撤
退を求めた。
都内の大学4年生(23)は、事件に対する意見をまとめたビラを1千部刷っ
た。 「自己責任という風潮が広がっているが、それは政府の責任を隠蔽することに
なることを知らせたい」。 キリスト者平和ネットの鈴木怜子共同代表は「若者が人
生に迷い、世界を見てみたいと思うのは当たり前。 それをなぜ責めるのか」と話し
た。

**********

28日
WORLD PEACE NOWが呼びかけた「香田君を救え!首相官邸前緊急行動」が27日18:00〜衆議院議員面会所で行われ、つづいて首相官邸前に移動して抗議要請行動が行われました。
メールなどでの数時間の呼びかけにもかかわらず、参加者は200人を越えました。国会議員も民主党(稲見哲男、今野東、小林千代美)、共産党(小林美恵子)、社民党(福島瑞穂、山本喜代宏)の各党から参加がありました。
またピースボートは前回4月の行動につづきドーハのアルジャジーラにスタッフの伊地知君の急派を決定、集会で彼が挨拶しました。キリスト者も会議を終え、声明を携えて数十名が参加しました。
集会での発言はジャーナリストの志葉玲さん、辛淑玉さん、大束愛子さん(ふえみん)、鈴木怜子さん(キリスト者平和ネット)、国富建治さん(FAX通信)、西原美香子さん(NCC)、芦澤礼子さん(基地はいらない、女たちの全国ネット)など(順不同)でした。
集会では
<1>香田君を救うことが最優先であること、
<2>小泉首相は自衛隊の撤退に踏み切るべきこと、これを要求する行動を強めること、
<3>インターネットなどの手段で香田君は自衛隊関係者などではなく一般市民であることをイラクの人びとに伝えること、
<4>全国各地で呼応して行動に立ち上がるよう呼びかけを強めること、
<5>28日はさらに多くの人びとで議面を埋め尽くすよう働きかけること、
<6>メディアに対する働きかけを強めること、
これらを48時間と限られた時間の中で、出来る限り努力することを申し合わせました。
あす28日、18時、衆議院議面にお集まりください。これを一人でも多くの人びとにお伝えください。

10.28Upロイター 1 , 2
10.28Up:27日の撤退要求がCNNに